スタイル別で選ぶ

携帯ページ

HOME»  シャツの豆知識»  英国ランカシャーの acorn 物語

英国ランカシャーの acorn 物語

英国のエイコーンです。

acorn.jpg

過去には、この「acorn」の白無地には随分泣きました。

生地の巾がヤードなんですよ・・・裁断が難しいったらありゃしない。

そんな思いをよくしてたのすが、改めて英国のAcornを紹介します。

uk.gif(このマークの生地を見るのも減りましたね・・)

英国のファブリックメーカー・Acorn(エイコーン)社。

1975年に英国のランカシャーでトーマスメイソンから独立した創業者が設立。

今もなお伝統的な低速織機を使った綿織物を英国で作り続ける稀少なメーカー。

800種類近いシャツ生地を世界中のブランドに提供している。


比較的、若いメーカーなのですが・・・

英国で今なお作っているということ!

そして、ランカシャーで作ってるということに意味があります。

acorn.jpg

マンチェスター、ランカシャー、リバプール・・・

産業革命に出てくる地名です。

そして、何より産業革命は「ジョンケイの飛び杼(Flying Shutle)」の発明によって

織物加工が革新されたことから始まるんです。

それがランカシャーなんです。

あのトーマスメイソンもランカシャーでした(今はイタリアのアルビニの傘下で英国には無い)


そのランカシャーで、今も作ってるAcornにロマン感じませんか?

エイコーンはコチラで選べます。

http://www.doi-shirts.co.jp/category/27