スタイル別で選ぶ

携帯ページ

HOME»  お店案内»  すべての工程を自社内で

すべての工程を自社内で

シャツを縫うと言うこと。熟練者の手によるシャツの仕上がりは美しいものです。
ただ単に、ミシンや設備の性能が良くなっただけでは綺麗なシャツは出来ない。
このページでは、シャツの縫製から始まり、仕上げに至るまでを検証していく。
良いシャツの見分け方の基準にもなりうるものだ。

 

ミシン目がまっすぐで、細かく、箱に詰められた形が綺麗であれば、良いシャツなのか? ミシン目がまっすぐで、細かく、箱に詰められた形が綺麗であれば、良いシャツなのか?
ディテールにだまされてはいけない。
本来の着心地を損ねる縫製ではならないと思う。
美しさと着心地を兼ね備えるシャツの縫製とは何であるか?
ミシンを使う作業であれ、アイロンを使う作業であれ、または手作業であれ、いずれも生地にもてあそばれないように、思うがままに作業を進めることが出来るのは長い時間を要するものです。 ミシンを使う作業であれ、アイロンを使う作業であれ、または手作業であれ、いずれも生地にもてあそばれないように、思うがままに作業を進めることが出来るのは長い時間を要するものです。
こういう技術は、経験によってのみ培われるもの。

ゆっくりと時間をかけ、精密なだけでは、良いシャツとは言えない。
良いシャツを作ることが出来る職人ほど、仕事が早いものだ。
また、着心地の良いシャツほど、たたみにくいものだ。

 
生地を何グラムのテンションで引くと綺麗なステッチをミシンで入れることが出来る・・と言うものではない。 生地を何グラムのテンションで引くと綺麗なステッチをミシンで入れることが出来る・・と言うものではない。
それは、スポーツと同じで、反復練習で身体に覚えさせるしか方法はありません。
そういう職人の技術を、技術の無い人がどうやって良し悪しを判断することができるでしょうか?
それには、シャツがどのように縫製されていくか知る必要があります。 それには、シャツがどのように縫製されていくか知る必要があります。
その縫製の過程において、熟練度の高い技術がどれと、どれなのか?さえ知れば、そのシャツに込められた技術がわかるというものです。
もちろんのことながら、素材に合った運針数も重要です。 もちろんのことながら、素材に合った運針数も重要です。
また良く出来たシャツほど、立体感があるため縫い工程においてカーブを多く縫わなくてはなりません。
(既製品のシャツは直線縫いを多用してます)
シャツの縫製部門には、大きく分けるとアイロン等を使った下準備とミシンを使った縫い工程、そして最後のアイロンを使った仕上げがあります。 シャツの縫製部門には、大きく分けるとアイロン等を使った下準備とミシンを使った縫い工程、そして最後のアイロンを使った仕上げがあります。
下準備を案外、軽視しがちですが、良いシャツを作るには、縫う前段階の下準備が重要です。
この下準備で、柄の合わせなどを行います。 この下準備で、柄の合わせなどを行います。
ポケットや前立、剣ボロの柄が合われていないシャツは見ていて見苦しいものがあります。
下準備には、緻密な作業が必要です。
縫い工程で重要なことは、ステッチの綺麗さがあります。
このステッチの美しさは、曲がり無くいれることは最終工程の仕上げも重要な要素です。 このステッチの美しさは、曲がり無くいれることは最終工程の仕上げも重要な要素です。
出来上がったシャツを、手アイロンを使ってプレスし、綺麗にたたんでいく作業です。
サイズ・体型や素材がひとつひとつ異なるオーダーシャツならではの手作業。 サイズ・体型や素材がひとつひとつ異なるオーダーシャツならではの手作業。
(既製品は、機械プレスという仕上げをします)
出来上がったシャツを綺麗に見せる最後の工程です。